とびっきりの潤いは 砂漠のど真ん中にあった。 このみずみずしい果実。実は収穫後3年経ったカラハリスイカです。
とびっきりの潤いは砂漠のど真ん中にあった。このみずみずしい果実。実は収穫後3年経ったカラハリスイカです。

カラハリスイカとは?

Image

カラハリ砂漠の水がめ

カラハリスイカはアフリカのカラハリ砂漠に自生するウリ科の植物で、収穫後、適した保管条件であれば、数年もの間、腐ることがない素材です。昔から原住民はカラハリスイカを「砂漠の水がめ」として採取・備蓄し、活用してきたといわれています。
Image

注目の抗酸化成分

カラハリスイカは、シトルリンをはじめとし、アルギニン、グルタミン酸、グルタミン、プロリン、アラニン、グリシン、セリン、アスパラギン酸などを含有しています。また、高い抗酸化作用を示すこともわかっています。
Image

驚異の生命力

収穫後3年経ったカラハリスイカを割ってみたところ、まるで採れたての果実のようにみずみずしく、腐敗もみられませんでした。保存性、水分保持力が非常に高いことがわかります。
Image

安心・安全の国内栽培

カラハリ砂漠原産のカラハリスイカを日本国内で栽培しています。現在、奈良県の契約農家から安定的な供給ができるようになりました。

一部画像提供:明石欣也

PAGE TOP