【植物バイオ産業の未来を拓く企業】

カラハリスイカ・シトルリンや抗酸化・光合成など植物バイオの植物ハイテック研究所(PHIT) カラハリスイカ・シトルリンや抗酸化・光合成など植物バイオの植物ハイテック研究所(PHIT)
カラハリスイカ・シトルリンや抗酸化・光合成など植物バイオの植物ハイテック研究所(PHIT)の研究
カラハリスイカ・シトルリンや抗酸化・光合成など植物バイオの植物ハイテック研究所(PHIT)の研究
植物の生産性を向上させる研究
地球の食糧難問題や、温暖化、旱魃、砂漠化などの地球環境問題の解決に向けて
植物の生産性を向上させること及び植生範囲を拡大することが必要です。

イモ類などの植物の光合成機能とストレス耐性能力の両面を強化することで
植物生産性の向上と荒廃地の緑化を推進する研究開発を行っています。

植物の生産性を向上させる研究
Phitの植物バイオ研究について詳しくはこちら
葉緑体形質転換の研究開発
葉緑体形質転換法は、植物の代謝機能を強化したり、医療用タンパク質などの有用物質を高生産する目的で利用されています。この方法は、他の形質転換法とは異なる多くの利点を有することから、植物の次世代形質転換法として有望視されています。

現在は葉緑体形質転換法を駆使して、バイオ燃料として利用可能であるヤトロファ油脂の生産性を一層高める研究開発を行っています。
葉緑体形質転換の研究開発
Phitの植物バイオ研究について詳しくはこちら
砂漠の水がめ、カラハリスイカの研究
アフリカのカラハリ砂漠に自生しているカラハリスイカは、
年間降水量が250~500 mm程度の過酷な乾燥条件に適応し、
強い紫外線が降り注ぐ灼熱の大地でも生育することができます。

環境ストレスに強いカラハリスイカの生命力を研究し、健康と美容に活用します。
砂漠の水がめ、カラハリスイカの研究
Phitの植物バイオ研究について詳しくはこちら